• ホーム
  • 花粉を感じたら早めにクラリチンを服用

花粉を感じたら早めにクラリチンを服用

クラリチンの主成分はロラタジンと言い、病院で処方してもらえる他、市販薬でも購入できます。
いわゆる第二世代の抗ヒスタミン薬で、眠気などの副作用が出にくいのが特徴です。
錠剤タイプや口の中で溶かして服用するものに加え、シロップもあります。

花粉症などの季節性アレルギー性鼻炎やハウスダストなどが原因で起こる通年性のアレルギー性鼻炎にも効果があります。
アレルギー症状を引き起こす体内物質のヒスタミンの作用を抑えることで、アレルギー症状を和らげる作用です。

作用発現時間が2時間と早く、持続時間は長いため1日1回の服用で済みます。
ロラタジンの作用で有名なクラリチンは日本でもメジャーな花粉症対策薬で、多くの人に愛用されています。
抗ヒスタミン薬としてアレルギーの諸症状をブロックしてくれる効果が高いクラリチンですが、正しい服用方法を理解していなければその効果を十分に享受することは難しいです。

クラリチンを服用するために気をつけるべきは、飲み始めるタイミングです。
花粉症には時期があるため、毎年決まった時期に症状に苦しむ人がほとんどですが、つい忘れてしまいます。
シーズンが始まり症状が出て苦しくなってからクラリチンを飲み始めるという人がとても多いです。
しかしこれではロラタジンの成分が活かしきれません。

花粉を感じ始めたら早めにクラリチンを服用し始めると良いです。
シーズンの始まりもしくは始まる少し前から対策をすることで、十分な効果が期待できます。
病院に行って薬を処方してもらおうとするとよくわかりますが、シーズンが始まる少し前からの服用が望ましいです。
症状がしっかりと出てしまった後、または重症化してからだと薬の効きが悪くなってしまいがちです。

花粉を感じたらできるだけすぐにクラリチンを飲めるように、事前に準備をしておくと安心できます。
何かと忙しく病院やドラッグストアに行けないという事態も考えられるため、早めの準備が症状緩和につながります。

クラリチンの副作用と注意点について

クラリチンは花粉症の症状をブロックするのに高い効果を発揮してくれますが、注意点もあります。
まず飲み合わせです。
エリスロマイシン・シメチジンなどを服用している場合は、お医者さんに相談の上で服用しなければなりません。

小児がクラリチンを服用する場合にも注意点があります。
小児の場合シロップなどの場合がありますが、用法や容量は大人の場合と違うことがあるため、よく理解した上で保護者が気をつけてあげなければなりません。
子どもができるだけ苦しまないためにも必要な措置です。

クラリチンの持続時間は長く、1日1回の服用が基本です。
薬の効きがイマイチだからという理由で勝手に量を増やしたり、1日2回以上飲んでしまう人も散見されます。
素人が勝手な判断で飲み方を変えるのはとても危険な行為です。
薬の効き方には個人差があるとは言え、処方は正しい方法を守らなければなりません。

クラリチンは副作用が比較的少ない薬だといえますが、それでも注意点や副作用は存在しています。
主な副作用の症状は、眠気や倦怠感、腹痛を訴える場合があります。
その他には口の渇き・嘔吐・発疹・白血球増加・嘔気などです。
人によってはこれらの副作用を強く感じる人もいます。

可能性が高いとは言えませんが、重篤な副作用を起こすこともあります。
それは、ショック・アナフィラキシー・チアノーゼ・呼吸困難・血圧低下・血管浮腫・てんかん・痙攣・肝機能障害・黄疸などです。

少しでもおかしいと感じたら速やかに病院に行って診てもらうことが重要です。
自分は大丈夫などと過信したりせず、可能性として知っておくことで対策も立てやすくなります。
実際に副作用で苦しむ人はいるので、注意しすぎということはありません。

関連記事