• ホーム
  • アトピー性皮膚炎の症状と改善方法

アトピー性皮膚炎の症状と改善方法

基本的にアトピー性皮膚炎の症状として挙げられるのはその強いかゆみと発疹です。
この両方の症状が繰り返しお肌にあらわれる皮膚の病気とされています。
このつらい発疹は特にお顔や首、ひじや膝などの部分に出やすく症状が強くなりひどい状態になると全身に広がってしまいます。

アトピー性皮膚炎の症状は、それぞれ乳児期、幼小児期、成人期とでその症状に特徴があることも少なくありません。
乳児期のアトピー性皮膚炎の症状の特徴として多いのは、お顔の頬から口の周りにかけてのアトピー性皮膚炎です。
一般的に乳児の時期のアトピー皮膚炎の症状は頭や顔から発症するとされています。
見た目として頭や頬の部分がジュクジュクした症状でみずみずしくなっている状態がわかりやすい特徴と言えます。

一方幼小児期の症状の大きな特徴はひじや膝、手足の関節部分にそのアトピー性皮膚炎の症状が多くみられます。
分かりやすいのが耳切れの症状やあかぎれのような症状です。
耳切れは耳の付け根のくぼみの部分に発疹がでます。
また、あかぎれのような症状もみられるのも特徴です。
もし、お顔の頬や目元、口回りに左右対称にでき、ひじや膝の内側部分、背中や胸などに症状があればそのアトピー性皮膚炎の可能性は高いです。

大人になった成人期は皮膚がさらに乾燥してしまうので、乾燥を強く感じることも多いです。
同時にお顔に赤みがでることもあり、炎症を伴います。

アトピー性皮膚炎のメカニズムはまず皮膚が乾燥してしまいお肌のバリア機能が低下する、そこに外部からアレルゲンが侵入しやすい傾向となり、皮膚にかゆみを伴うことが分かっています。
このときかゆみにより皮膚を引っ掻いてしまうと、お肌の炎症が悪化しひどくなり、角質の水分がさらに失われ乾燥する悪循環が生じるのです。

この改善方法としてステロイドなどの外用薬と保湿対策をしっかり行う改善方法が最適なケアとなります。
正しい改善方法のケアで改善をはかるとよいでしょう。

肌のかさつきを防ぐためにも保湿が大事

アトピー性皮膚炎の外用薬としてステロイドを用いる場合があります。
ステロイドと聞くと怖いイメージがありますが、医師の管理下で指示にしっかりと従い正しく使用すれば、危険性は低く決して怖いものではありません。
症状の強さによりステロイドの強さの段階も使い分けステロイドの抗炎症作用と過剰な免疫反応の抑制効果で症状の改善に努めることが役立ちます。

お肌の潤いである水分量は皮脂膜、角質細胞間脂質、天然保湿因子の3つの物質によって保たれます。
3大保湿因子と呼ばれ皮脂は水分を逃がさない役割を、角質細胞間脂質は水分を保ちセラミドがこの重要な役割を果たします。
天然保湿因子は水分を補う役割です。
角質層の保たている水分を数値で表すと2から3パーセントを皮脂膜、17から18パーセントが天然保湿因子で占め、残りの約80パーセントは、セラミドである角質細胞間脂質を占めていることから、セラミドの重要性がわかります。

これらの3大保湿因子を保つためには洗浄剤を使用しすぎない、必要な時以外は使用しないというケアが役立ちます。
界面活性剤などでの過剰な洗いすぎは避け、入浴の際には頭部からつま先かけての全身はサッとお湯でくぐらすくらいのお湯だけの洗浄がおすすめです。
また入浴後の保湿をワセリンで行い、とくに皮膚症状がない場合でも白色ワセリンを塗布することで予防対策ができます。
かゆみや湿疹などの皮膚トラブルがある場合には医師の指示に従い、必要に応じて外用ステロイドを塗布してください。

洗浄剤の使用は臭いや汚れが気になるときに使用しお湯だけでの洗浄をぜひ試してください。
洗い過ぎないケアとワセリンでのケアが皮膚症状の改善に効果的に働き、期待ができます。

関連記事